share-knowledge’s diary

英語論文やニュース等で私が面白いと思ったものをアップしていきます。

世界の軍需企業ランキング

ストックホルム国際平和研究所(SIPRI)より、2016年の軍需企業の売上に関する発表があり、5年連続で減少していた売上額が5年ぶりに上昇に転じ、2015年と比較して1.9%の増加であったとのことです。前年度に比べて増加した国としては、米国、英国、ロシア、ドイツ、韓国などであり、特に韓国は20%以上増加する一方、日本、イタリア、フランス等が前年度に比べて減少しています。

報告書における企業の売上順位トップ10は以下のとおりです。(なお、報告書自体はトップ100までの記載があります。)

1. ロッキードマーチン(米)

2. ボーイング(米)

3. レイセオン(米)

4. BAEシステムズ(英)

5. ノースロップ・グラマン(米)

6. ジェネラルダイナミクス(米)

7. エアバス(欧)

8. L―3コミュニケーションズ(米)

9. レオナルド(伊)

10.タレス(仏)

ちなみに、気を付けなればいけないことは、このランキングには中国企業が入っていないことです。SIPRIによると複数の中国企業がランキングに入ると思われますが、正確なデータが明らかになっていないため、含まれていないとのことです。

(参考)The SIPRI Top 100 arms‑producing and military services companies, 2016