share-knowledge’s diary

英語論文やニュース等で私が面白いと思ったものをアップしていきます。

実証主義(Positivism)とポスト実証主義(Post positivism)

国際関係論で頻出なのがPositivismとPost positivism。

実証主義(Positivism)とは自然科学の方法論は国際関係を説明するに有効であるとする考え方で、物事の因果関係を説明することに重点が置かれます。
主な国際関係論としては、リアリズム、リベラリズムが挙げられます。

他方で、ポスト実証主義(Post positivism)とは国際関係は自然科学のように客観的な方法で理解できるものではないとする考え方で、物事の因果関係よりは、結果に至る過程に重点を置きます。
主な国際関係論としては、英国学派、コンストラクティビズム、批判理論(ジェンダー論、マルキシズム等)が挙げられます。