share-knowledge’s diary

英語論文やニュース等で私が面白いと思ったものをアップしていきます。

画像認識(Large Scale Visual Recognition Challenge)

ImageNetは画像認識の国際大会(Large Scale Visual Recognition Challenge)を毎年開催しております。2012年の大会において、トロント大学のAlex Krizhevsky率いるチームが前年の記録であるエラー率25%を大幅に更新するエラー率15%を達成しました。その後、大幅に記録が更新されており、2017年の大会においては、中国のWMWがエラー率2.2%を記録しています。下記が2012年以降の推移になりますが、近年の中国の台頭が目覚ましいように思います。その一方で、2015年の3.5%から2017年に2.2%という進捗を見ると、客観的にみると画像認識の技術進歩は少し停滞しつつあるように思います。

 

エラー率の推移

2017       WMW(中国のベンチャー企業等のチーム)           0.02251

2016       Trimps-Soushen(中国公安部第三研究所のチーム)        0.02991

2015       MSRA(中国のチーム)                           0.03567

2014       GoogLeNet(グーグルのチーム)                  0.06656

2013       Clarifai(米国のスタートアップ企業)            0.11197

2012       SuperVision(トロント大学)                    0.15315

 

(参考)ImageNet  http://image-net.org/